プロジェクト・ブルー

的外れ、空回り、無責任、三拍子揃った埼玉西武ライオンズ応援ブログ
 
 
プロフィール

獅子丸

Author:獅子丸
【好き】外野手からのバックホーム
     ダブルスチール

【嫌い】ファールフライ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここがヘンだよ公式記録員 

試合がないんで、今回はちょっと気になったことを書かせていただきます。


13日の広島戦9回裏、こんなプレーがありました。(以下公式より)




0-1から1塁ランナー・中島がスタートを切った! キャッチャー・石原は2塁へ投げず。中島は悠々と2塁へ進んだ!

1アウト2塁




おやっ、このプレーは俗に言う 『盗塁』 というプレーなんじゃないか? ( ・ω・)



今年からプロ野球のアグリーメントで


点差が大きく開き、相手が無警戒時は盗塁と記録しない


というものが追加されました。


今回の中島の走塁は、これに当てはまり盗塁とは記録されないとのこと。






ちょっと待て






アグリーメントにある大量点差ってのは、いったい何点以上の差のことを言うのか?


その答えは、『公式記録員の判断による』 だと。



先の広島戦、

中島が走ったのは、3点差で一死一塁の場面。



3点差って大量得点差か!? ∑(゚ロ゚屮)屮



充分に逆転可能な点差です。

一打逆転という場面ではありませんが、併殺阻止という意味のある走塁です。

それを認めないとは、この日の公式記録員の見解を聞いてみたいところです。



確かに広島バッテリーは無警戒で、送球の素振りも見せませんでした。

(一塁手がベースに着いていたかは未確認)

これで盗塁が記録されないとしたら、それは問題です。


シーズン終盤の消化試合で、盗塁王争いをしている選手は、わざと無警戒にして盗塁を記録させない、

といった怠慢プレーが出てくるかもしれません。


打率や本塁打王争いをしている選手が、敬遠されまくるのと同じですね。



公式記録員が判断、とかファジーなこと言ってるから、ややこしくなるんです。

もっと明確に何イニングで何点差と謳うべきでしょう。




この大差での盗塁ですが、記録云々は抜きにして、色々と問題になっています。

先日もオリックスの岡田監督と、阪神のジョージ・マッケンジーの間で、

大量点差での盗塁に関して、一悶着ありました。


このような大量点差での盗塁肯定派と否定派の意見の違いは、こんな感じでしょうか。


【肯定派】

・ 常に全力プレーを心がけるのは当然

・ 選手の給料査定の対象になる

・ 観戦しているファンに失礼



【否定派】

・ 相手チームに対して失礼

・ 試合時間が長くなる

・ 暗黙の了解



そもそも、大量点差って何点差のことを言うのか?

一昔前は5点以上の点差をセーフティリードなんて呼んでいましたが、最近では聞かなくなりました。

先週にはロッテが10者連続安打で、1イニング10得点なんてこともありました。

本来、野球というのは、試合終了まで何が起こるか分からないスポーツのはずです。


それが、紳士協定だの、メジャーでは当然だの、報復だの、

野球の本質から外れているとしか思えません。


負けているチームへの侮辱行為という意見も聞きますが、

その紳士協定こそが、ファンに対する侮辱行為そのものなんじゃないでしょうか。


球界内で暗黙の了解が存在するのは分かりますが、選手各々で解釈が違うから問題なんです。


だったら、キチンと線引きすればいいだけのこと。



点差にかかわらず、選手は常に全力プレー



これが一番分かりやすいと思いません?




にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ  人気ブログランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
???
何言ってんですかぁ、獅子丸さん。
『3点差』って『大量点差』じゃないですか(゜▽゜)

大ビハインドですよぉ、全然逆転できる気がしないよぉ。

アハハハハハ(@゜▽゜@)

ちくしょー、涙で霞んでいやがる(;_;)
あれは野手選択による進塁扱いです。大量得点とか関係なく、キャッチャーが投げなかったので盗塁の部類に入らないのです。キャッチャーに刺す意志がなく投げなかった場合は盗塁ではなく野手選択による進塁扱いになります。なので大量得点とはまったく関係ないプレーになるわけです。記録員うんぬんではないプレーということです。もしキャッチャーが投げる動作だけでも見せていたら盗塁扱いになったでしょうね。大量得点で盗塁扱いされないのは大量得点で勝っているチームというのもあります。あの時ライオンズは負けていましたから該当しないわけです。
あえて黒歴史を振り返る。
>シーズン終盤の消化試合で、盗塁王争いをしている選手は、
>わざと無警戒にして盗塁を記録させない

これに近いことが、残念ながらライオンズで起きたことがありましたね。
98年の稼頭央と小坂(当時マリーンズ)の盗塁王争いです。
あのときは芝崎投手が牽制悪送球で進塁しない小坂選手に対して、
ボークで進塁させるということがありました。
牽制悪送球も、ボークも「敗退行為」だと言われていましたが、
これに関しては状況的にそう思われても仕方がない・・・というよりはそれ以外考えられないでしょう。
ライオンズファンとしては残念な出来事でしたが。

ただ、3年前にヤスとホークス・本多が盗塁王争いをしていたときには、
伊東監督と王監督の間で試合前に紳士協定が結ばれ、
どんな状況でも盗塁を認める(=わざと無警戒にはしない)ということで合意したこともありました。
なので、結局はどんな規定にしてもタイトル争いの美醜は関係者次第ということになるのでしょうか。

大昔には、盗塁数を稼ぐために、わざと逆走した選手もいたそうです。
当然、逆走の盗塁は今は禁止されていますし、今やそんなことを考える人もいないと思いますが、
しばらくたてば、今の盗塁の規定も当たり前に感じるようになるのかなぁ・・・と思ってます。

どちらが正しいかは、難しいところですね。
自分の美学としては、大量リードのときに限れば「するべきではない」と思っていますが、
だからといって、その「美学」を人にも強制するような醜いマネは(盗塁に限らず)したくないと思います。
捲土重来を期する
今回の記事の内容は、私には少々難しいのですが..
「選手は常に全力プレー」、賛成です。

前の記事に関連するのですが、私も大久保コーチと
某補佐を入れ替えてほしいです!
デーブコーチのあの体で、相手チームに一発ハッタリを
かましてほしいもんです。あ、失礼...(滝汗
的確なコーチングと耳打ちをお願いしたいものです^^

さて、18日から試合再開ですが、交流戦の悔しさを
バネに心機一転、頑張ってもらいたいです(`ω´)/~

19日はドーム参戦します。
勝サンドをつまみながらビールを飲んで(アチャ~^^;
応援するから三度目の正直、お願いします!!!
☆☆☆雄星くんのカード、当たんないかなぁ☆☆☆
> うりさん
何言ってんですかぁ、うりさん。
3点差でリードしていたとしましょう。

全然安心出来ないでしょう?

3点差なんて超僅差ですよ。
むしろ並ばれているに近い感覚・・・


ちくしょー、涙で霞んでいやがる(;_;)
> 獅子の鼓動さん
すいません、私の無知でした。
御指摘いただいた後、色々と調べてみたのですが、『大量点差での盗塁』と『守備側が無警戒時の盗塁』というのは、別扱いと解釈すべきなのでしょうか?
また大差で勝っているチームのみ記録されないという記述は見付けられませんでした。

参考URL:http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/100609/bbl1006090928000-n1.htm

野球って、このような複雑なルールが多いスポーツでもありますから、明確なルールが記述された公式サイトなどがあると助かるんですけどね。

未熟者が書いているブログですので、また誤った記述をしてしまうこともあるかと思いますので、その際は御指摘ください m(_ _)m
今後とも、よろしくお願いします。
> 稼頭久さん
ありましたねぇ、そんなことが!
98年の事件(と呼んでも差し障りないかと・・・)は新聞で読んでガッカリさせられたのを覚えています。
牽制悪送球もボークも、インプレー中に発生しえるプレーですが、この場面で、しかも続けざまに起こることのほうが特異ですよね。

こんなプレーも後世のライオンズクラシックで振り返ってもらえるのでしょうか?w

昔は逆走が許されていたんですか!?
これは初耳です。
こんなものが許されていたら、盗塁数荒稼ぎですねw

ブログに書かせていただいた肯定、否定の件ですが、
私も双方の意見は理解できます。
非常に難しい問題だということも分かっているつもりです。
でも時々、その暗黙のルールを破ったことについて激怒、みたいな記事が出るじゃないですか。
そういった記事を見ると、考えさせられてしまいます。
暗黙のルールは、あくまで『暗黙』であるべきで、破ったから即報復というのは違うんじゃないかと。
稼頭久さんが仰るように、個々の考えを強要せず、互いのモラルの範疇で暗黙のルールが存在していく分には、問題ないと思います。
> みちのくさん
打撃コーチ入れ替えを望む声って、本当に多いんですよね。
あの成績では無理もないかと思いますが。

デーブの場合、コーチングもさることながら
ムードメーカーとしても長けたところがありますからねぇ。
デーブが1軍打撃コーチだった2008年に、逆転勝利が多かったのも
偶然ではないような気がします。

19日観戦されるんですね。
いいなぁ。
私は仕事ですが、可能なかぎり試合状況はチェックするつもりです。
楽しんできてくださいね!














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://projectblue.blog24.fc2.com/tb.php/408-6ece892f
無料で募金
リンク
QRコード
QR
  
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。