プロジェクト・ブルー

的外れ、空回り、無責任、三拍子揃った埼玉西武ライオンズ応援ブログ
 
 
プロフィール

獅子丸

Author:獅子丸
【好き】外野手からのバックホーム
     ダブルスチール

【嫌い】ファールフライ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工藤、ついにライオンズの一員に! 

ついに工藤公康が帰ってきました。 ヽ(´∀`*)ノ




復帰に際して『ライオンズに骨を埋める覚悟』と口にしていましたね。

たまに同じようなことを言っておきながら、引退後に他球団でコーチをしちゃってる人がいますが、

それってアリなんすかねぇ?

まさか工藤に限って、引退後に即讀賣の育成コーチに就任したりしないでしょうけど・・・




そういえば、会見で、こんなことも言ったそうな。


『ワクワク、ドキドキが入り混じった感じ・・・』



ホントにそんなこと言ったの!? ヽ(`д´;)

正しくは、こうでしょ。



『涌涌、土肥土肥が1値切った数字・・・』



分かりますか?


涌井秀章(♯18) + 土肥義弘(♯38) - 1 


その答えは・・・『55』  ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ イエーイ


な~んだ、背番号の話だったんですね!

さすが工藤です。 コメントも奥が深い。 (´Α`)




でもね、工藤がライオンズに復帰して、ひとつ残念なことがあります。

昨年の日本シリーズにて、ライオンズ vs 讀賣のテレビ解説をした工藤を覚えていますか?

とても分かりやすく、かつ的確な解説で、日本シリーズを盛り上げるのに一役買っていました。

ところがライオンズに入団してしまった来季は、日本シリーズで工藤のテレビ解説を聞くことは出来ません。



なぜなら・・・分かってますね?



ライオンズファンの皆さん、いいんですか? 

工藤の解説が聞けなくなってもいいんですか!?


あ~残念だ! ホントに残念だ♪ (´∀`*)






なんだかんだ言っておりますが、

工藤がライオンズに入団した頃を知るファンとしては、万感胸に迫る思いなわけです。

工藤がドラフトで指名されたとき、ハナタレ小学生だった獅子丸少年は『公康』という字が読めず

『工藤コウコウ? 変な名前~っ』 と笑ったのを覚えています。 


そんな工藤を再び応援できるなんて・・・ライオンズファン続けてきて良かった! ヽ(´∀`*)ノ



それでは最後は、再びライオンズユニを着た工藤さんをどうぞ




kudoh.jpg












・・・あっ、間違えた (´∀`*)ゞ




にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ  人気ブログランキングバナー



スポンサーサイト
コメント
おお
工藤さん変わってないですよねぇ~

工藤さんが帰ってきてくれるなんてっ・・・ 泣
本当嬉しすぎる!!!!!

私はまだ十代なんでリアルタイムで
工藤さんの若いときの活躍見てたワケじゃないんですが
良い選手ということは充分承知です!!

工藤さんが再び入ったことによって
空気がきっと変わるはずだと信じています。

あと、涌涌・・・の・・・くだりは・・・
よく思いつきましたね 笑
入団会見の工藤投手、清清しい笑顔でしたね。
いろいろなブログを見ても、ライオンズファンは、皆歓迎ムードというかんじで、めでたしめでたし。

工藤投手が再びライオンズのユニフォームを着て、西武球場のマウンドに立つ。
そのとき私自身は、時間が止まったように感じるのか、タイムスリップしてしまう感覚に陥るのか、今から楽しみです。

工藤投手が根本陸夫さんに強引にドラフトされた昭和56年の日本シリーズは、今年と同じ、日ハムvs読売でしたね。
ナベ監督のセリフじゃないですが、運命を感じます。

来年47歳の工藤投手、背番号47を断って55にしたのは、55歳までやるつもりと私は判断いたしました。
涌涌、土肥土肥が、、、(笑)
いやー、笑っちゃいました。
工藤のコメントをこんなに面白くしちゃうとは、、。
そいえばクラスメイトにも「公康」が読めない友達いたな~。
お帰りなさい工藤さん
ホントに帰ってきてくれるんですね!

清原時代からのライオンズファンな私(結構年寄りです)は、ナベQや工藤さんの存在は理屈なしで嬉しい!

来季が本当に楽しみです。転居で首都圏から離れている私だけど、今年も球場行きますよ。子供たちと!

しかし獅子丸さんの文章には感心します。落語家のような頭の良さを感じます。またよろしく。
ええ十代です。
僕もleoさんと同じく十代なんで、工藤さんがバリバリ投げていたころは知りません。それでも、工藤さんの若き日の活躍のほどは、よく知っております。

雄星君はもちろんのこと、銀仁朗なんかも育てていただきたいですね。

僕は密かに涌井ー西口ー工藤 の歴代エースリレーも楽しみにしてます。
こんばんわお邪魔します。

涌涌、土肥土肥の使いまわしはすごいですね
私も見習っていきたいものです。

帰ってきた工藤公康には
某ヒーロに負けない位に活躍して欲しいですね。
※ネタが分からなかったらすいません。
> leoさん
そうですか、全盛期の工藤を知らないんですね~。

とにかく素晴らしい投手でしたよ。
もし当時、メジャー挑戦という選択肢があったとしたら、
間違いなく工藤はメジャーのマウンドに登っていたでしょうね。

それと、工藤は独特のオーラを持っているんですよね。
きっとleoさんの言う『空気が変わる』っていうのは、そのオーラによるものだと思います。
ブルペンにいるだけでも、存在感あるし。

来年の開幕が楽しみだ~♪
> 六平さん
六平さんが仰るとおり、ライオンズのユニフォームを着ている工藤を見たら、どんな感じなんでしょうねぇ。

多分私はタイムスリップ派だと思います。
受ける捕手も伊東勤に見えてしまうかもしれません。
正直言って、当時と同じような活躍を期待するのは、酷かもしれませんが、
それでもファンは、工藤に期待してしまうんですよね。
29年目の工藤が、どんな投球を見せてくれるのか、本当に楽しみです!

ハムvs讀賣の日本シリーズ~工藤入団ときたら、翌年の日本一は・・・
> まひろさん
ありがとうございます。
熱心なライオンズファンからは怒られるかな~と思っているんですが、
今のところ、大丈夫なようですw
ってか相手にされてないだけ?

『公康』は、おバカ小学生には、ちと難しかったですw
> チョコさん
チョコさんの仰ること、よ~く分かります。

黄金時代をライオンズの選手として戦った人たちが、またライオンズに戻ってきてくれる。
こんなに嬉しいことはないですよね!

でも、現役選手として工藤が戻ってきてくれるとは、夢にも思いませんでしたがw

当時は小学生だった私も、今では子供と一緒に西武ドームに通っています。
考えてみれば、それも感慨深いものがありますね。
それって、昔と同じ場所に、同じ球団があるから可能なことなんですよね。
本当にライオンズに感謝です!
> 背番号56さん

ってことは、背番号56さんが生まれた時には、既に工藤はプロの投手だったってことでしょ。

凄いな~!

そんな若い世代の人でも、工藤の活躍を知っているのは驚きですね。
まさに『生ける伝説』ですw

涌井 - 西口 - 工藤 のリレー、良いですね!
で、最後は渡辺監督と握手・・・

実現したら、泣いてしまいそうですw
> スポーツ猫さん

見習うだなんて、とんでもない!
そんな、大袈裟なモンじゃないですよw

ただの駄洒落ですからw

スポーツ猫さんは、ご自身のブログで、幅広いネタを取り上げているじゃないですか。
むしろ、そのへんを、私が見習うべきだと思いますが・・・。

完全にライオンズに偏ったブログしか書けませんので、私はw














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://projectblue.blog24.fc2.com/tb.php/296-caef795f
無料で募金
リンク
QRコード
QR
  
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。