プロジェクト・ブルー

的外れ、空回り、無責任、三拍子揃った埼玉西武ライオンズ応援ブログ
 
 
プロフィール

獅子丸

Author:獅子丸
【好き】外野手からのバックホーム
     ダブルスチール

【嫌い】ファールフライ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンネリオールスターの現状を打破してみよう 其の弐 


ちょっと更新をサボっているうちに、オールスターが始まってしまいました。


でも普段、パ・リーグしか観ない私は、セ・リーグ オールスターズの顔と名前が一致しません。


娘の影響で、プリキュアオールスターズなら全員の顔と名前が分かるんですが (´∀`*)ゞ




さて、今年のオールスターですが、

興味の無い私は、途中から観ているのが辛くなってきてしまいました。



こんなオールスターが観たいんじゃな~い!! ヽ(´Д`;)ノ




ということで、去年に引き続き、本当に観たいオールスターを勝手に考えてみましょう。




まず大前提として、ガチであること。

勝ち負けに徹底的にこだわり、真剣勝負の場であることです。


放送席に芸能人がやって来て、番宣だけして帰っていくなど、以ての外です。



そしてガチの真剣勝負を謳うわけですから、一試合のみ。

その一試合に勝利するためだけに、リーグを代表する選手を選ぶわけです。

イケメン選手ばかり集めちゃダメです。


選考方法は選手間投票と監督推薦のみ。

そして選ばれた両リーグを代表する猛者が試合をするわけです。ヽ(*∀*)ノ ウヒョー




何度も言いますが、ガチの勝負ですから、投球もストレート一辺倒なんてことはありません。

ペナントレース中と同様の配球になります。


試合が進むにつれ、当然送りバントも使いますし、ワンポイントリリーフも出ますし、守備固めもあります。

監督がその気になれば、代打の代打だってありです。

そのためには、現行のオールスターでは絶対に選ばれないような選手が選出されることだって充分ありえるわけです。

守備の名手、バント職人、万が一のことを考えて敗戦処理投手も選んでおきましょうかw




しかし、ただガチンコ対決といっても、きちんとした大義名分がなければヤル気が起きないでしょう。

なので勝ったリーグには、ドラフトでの優先指名、日本シリーズを7戦中4試合開催権、

そしてこのガチンコオールスターの収益から賞金を出しましょう。





どうでしょう?

両リーグから選抜されたメンバーでの真剣勝負。

今まで有りそうで無かったでしょ。



現行のぐだぐだオールスターより、魅力的だと思うんですけどねぇ・・・。








・・・えっ、オチ?

無いですよ、そんなもん。



にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ  人気ブログランキングバナー

スポンサーサイト

太平洋クラブのユニは何かに似ているような気がした 


今年もライオンズクラシックが始まりました。

今年フューチャーされるのは太平洋クラブライオンズだそうで。

ユニフォームと共に暗黒時代まで蘇らなければいいんですがw



そんなこの日の試合、あと一歩まで追い上げるも届かず敗戦。

5回終わって7 - 0じゃね。

でも、この粘りは明日以降に繋がってくれるんじゃないでしょうか。



この日の敗戦で3年前から始まったライオンズクラシックの初戦は全敗だそうな。


な~んだ、だったら負けても仕方ないね (*´∀`*)  ←強がり




ところで、太平洋クラブのユニですが、

未だライオンズブルー信者の私としては、いきなり赤と言われても、すんなり受け入れられないわけです。


で、実際に着用している選手を見た第一印象は




レッドビッキーズみたい ヾ( ̄0 ̄;




はたして、コレを読んでいる人のうち何人が知っているんでしょうw

レッドビッキーズとは、おじさんが子供の頃に放送されていた子供向けテレビ番組で、

女監督を主人公にした野球ドラマなんですね。

原作は仮面ライダー等でお馴染みの石森正太郎氏です。


そんなレッドビッキーズ、実際に見たのは小学生の頃でした。

記憶も曖昧です。



どんなユニを着ていたか、調べてみたら






レッドビッキーズ.jpg

全然違ったw (´∀`*)ゞ



人間の記憶がいかに適当か、証明する結果となりました。




ここで終わらせればいいものを、懐かしさのあまり、色々検索していくと、


動画を続々と発見!ヽ(≧∀≦)ノ





結局、朝まで見てしまいました。





嗚呼、ダメ人間 (´o`;)トホホ





でもね、このドラマが面白いのよ。

時代が時代だけに映像がしょぼかったり、設定に無理があったりと、ツッコミ所は満載ですが、

逆に、それが面白いわけです。


缶ビール片手に観るには最適です。





そしてなにより、主演の女優さんが綺麗 (*´∀`*)ノ





歴代3人の女監督が主演されているんですが、みんな魅力的です。

35歳以上のおっさん諸君には、是非観ていただきたい!

興味がある大きなお友達はYou Tubeで探してみようw



えらく脱線してしまいましたが、

日曜日の先発は許銘傑です。

レッドビッキーズに負けない投球を期待します。 ←プロに失礼w




にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ  人気ブログランキングバナー

ここがヘンだよ公式記録員 

試合がないんで、今回はちょっと気になったことを書かせていただきます。


13日の広島戦9回裏、こんなプレーがありました。(以下公式より)




0-1から1塁ランナー・中島がスタートを切った! キャッチャー・石原は2塁へ投げず。中島は悠々と2塁へ進んだ!

1アウト2塁




おやっ、このプレーは俗に言う 『盗塁』 というプレーなんじゃないか? ( ・ω・)



今年からプロ野球のアグリーメントで


点差が大きく開き、相手が無警戒時は盗塁と記録しない


というものが追加されました。


今回の中島の走塁は、これに当てはまり盗塁とは記録されないとのこと。






ちょっと待て






アグリーメントにある大量点差ってのは、いったい何点以上の差のことを言うのか?


その答えは、『公式記録員の判断による』 だと。



先の広島戦、

中島が走ったのは、3点差で一死一塁の場面。



3点差って大量得点差か!? ∑(゚ロ゚屮)屮



充分に逆転可能な点差です。

一打逆転という場面ではありませんが、併殺阻止という意味のある走塁です。

それを認めないとは、この日の公式記録員の見解を聞いてみたいところです。



確かに広島バッテリーは無警戒で、送球の素振りも見せませんでした。

(一塁手がベースに着いていたかは未確認)

これで盗塁が記録されないとしたら、それは問題です。


シーズン終盤の消化試合で、盗塁王争いをしている選手は、わざと無警戒にして盗塁を記録させない、

といった怠慢プレーが出てくるかもしれません。


打率や本塁打王争いをしている選手が、敬遠されまくるのと同じですね。



公式記録員が判断、とかファジーなこと言ってるから、ややこしくなるんです。

もっと明確に何イニングで何点差と謳うべきでしょう。




この大差での盗塁ですが、記録云々は抜きにして、色々と問題になっています。

先日もオリックスの岡田監督と、阪神のジョージ・マッケンジーの間で、

大量点差での盗塁に関して、一悶着ありました。


このような大量点差での盗塁肯定派と否定派の意見の違いは、こんな感じでしょうか。


【肯定派】

・ 常に全力プレーを心がけるのは当然

・ 選手の給料査定の対象になる

・ 観戦しているファンに失礼



【否定派】

・ 相手チームに対して失礼

・ 試合時間が長くなる

・ 暗黙の了解



そもそも、大量点差って何点差のことを言うのか?

一昔前は5点以上の点差をセーフティリードなんて呼んでいましたが、最近では聞かなくなりました。

先週にはロッテが10者連続安打で、1イニング10得点なんてこともありました。

本来、野球というのは、試合終了まで何が起こるか分からないスポーツのはずです。


それが、紳士協定だの、メジャーでは当然だの、報復だの、

野球の本質から外れているとしか思えません。


負けているチームへの侮辱行為という意見も聞きますが、

その紳士協定こそが、ファンに対する侮辱行為そのものなんじゃないでしょうか。


球界内で暗黙の了解が存在するのは分かりますが、選手各々で解釈が違うから問題なんです。


だったら、キチンと線引きすればいいだけのこと。



点差にかかわらず、選手は常に全力プレー



これが一番分かりやすいと思いません?




にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ  人気ブログランキングバナー

アルテイシア、怒る 


セイラ.jpg

















さて誰のことでしょう?
















三択です



oc.jpg  ts.jpg  ot.jpg





にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ  人気ブログランキングバナー


フィギュアスケートと野球選手のパフォーマンスについて考える 


帰宅すると、嫁がフィギュアスケートを観てました。

しばらく観ていると、評論家チックにウンチクを語りだしました。


あれっ、ウチの奥さん、フィギュアスケートなんて興味あったっけ!?






はは~ん、『にわか』だな。 ( ̄∀ ̄☆






そこでひとつ質問してみた。






『3ルッツ と 3トーループって何が違うの?』 ヽ(´∀`*)









・・・嫁、無言。









知ったかぶる前に、最低限の知識は覚えとかないとね。

これを読んでいるカッコつけたがりの皆さんは、とりあえずコレを覚えておきましょう。




えっ、私? σ(゚Д゚ )


自慢じゃないですが、違いが分からない男ですよ、ボクは!



芸術点? なんすか、それ!? ┐(  ̄ー ̄)┌ フッ



中継を見終えた後の感想、 『みんな上手いな~』ヽ(´∀`*)ノ

国の代表としてオリンピックに出ている選手に対して、失礼極まりない感想ですw




だって違いが分かんないんだもん。ヽ(´Д`;)ノ




もっと分かり易く、派手にやってくれると嬉しいんですけどねぇ。

掌からハトを出すとか、オリンピックらしく万国旗を出すとか、口からトランプを出すとか。

そんなことやられたら、テレビの前でスタンディングオベーションですよ、私。



えっ、即失格?


はいはい、分かってますよ。m(_ _)m



フィギュアスケートに限らず、プロスポーツの世界でもパフォーマンスって大事だと思うんですよ。


例えば野球でも、ホームランを打った後、ベンチ前でテレビカメラに向かってパフォーマンスしたりするでしょ?

お笑い芸人のネタをパクったりしてる選手もいますが、アレってどうなのよ?

それよりもハト出しましょ、ハト!

口からトランプでもいいや。



おおっ、偶然にも今年からライオンズの2軍コーチに就任した鈴木康友氏は、手品が特技じゃないかっ! ヽ(*´∀`*)ノ



中村剛也には、ぜひ鈴木康友氏に弟子入りしていただきたい。

で、打席に入る際には、常にユニフォームにハトを忍ばせて・・・



えっ、ダメ?


はいはい、分かってますよ。m(_ _)m






フィギュアスケートから野球の話題にシフトする、この流れ。

これぞ、プロブルマジック!?




えっ、つまらない?


はいはい、分かってますよ。m(_ _)m





にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ  人気ブログランキングバナー


無料で募金
リンク
QRコード
QR
  
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。